ヨアソビ ikuraの実家がお金持ち?両親や兄・姉の経歴がヤバい!

みなさん、こんにちは〜!

毎年、大晦日の夜といえば「NHK紅白歌合戦」ですよね。

2020年の目玉は、初出場の「YOASOBIヨアソビ)」に注目が集まりそうです。

CDを発売していないにも関わらず、紅白出場というのは驚きですが一体どのようなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

今からワクワクしてきますよね。

そこで今回は、ヨアソビのメンバーでボーカルのikuraさんについてお伝えしていきます。

実家がお金持ちという噂がありますが、本当なのでしょうか?

また、両親や兄弟の経歴がヤバいようなので調査していきたいと思います。

それでは、ご覧ください!

どうぞ!

ヨアソビ ikuraの実家がお金持ち?

ヨアソビikuraさんについて調べていると、何かお金持ちのイメージがしてきました。

具体的にまとめてみました。

    • 3歳まで海外で生活していた?
    • 小学3年〜6年までミュージカル劇団に所属していた?
    • 父親は有名ギタリスト?
    • が音楽大学出身?

幼少期は海外で暮らしていたようですが、両親の職業が気になりますよね?

この時点で一般家庭とは、少し違った印象を受けます。

また、姉が有名音楽大学出身という情報もありましたので、調査していきたいと思います。

ヨアソビ ikuraの家族構成は?

ikuraさんの家族構成を調べていると、6人家族であると判明しました。

父親、母親、姉は2人、兄はいるそうです。なので、ikuraさんは4人兄弟の末っ子みたいですね。

兄の年齢は12歳年上で、下の姉は4歳年上のようです。残念ながら、上の姉の年齢は分かっていません。

今の時代に4人の子供を育てているので、やはり裕福な家庭なのでしょう。

ヨアソビ ikuraの父親は有名ギタリスト?

ikuraさんの父親は、ギターが得意で曲作りをされているそうです。

ギタリストではなく、作曲家なのでしょうか?

詳細については分かっていませんが、父親の仕事の関係で海外で暮らしていました。場所はシカゴみたいです。

シカゴで暮らしていたとなれば、父親は英語が喋れると予測できます。

音楽関係のお仕事をされているか、起業家やサラリーマンかは定かではありませんが、いずれにしろエリートなのでしょう。

ikuraさんがシカゴで暮らしていた時の様子がありました。

猫を数匹飼っていたようですね。もしかすると高級な猫なのでしょうか?

ヨアソビ ikuraの兄は音楽家?

ikuraさんの家庭は、音楽一家のイメージがしてきましたが兄の職業は一体何なのでしょうか?

年齢が12歳離れているので、現在は32歳になっていると推測できます。

ikuraさんの生年月日が2000年9月25日で20歳になられているので。

以前に、ikuraさんが久しぶりに実家に帰って来た兄にギターを弾いてもらったと語っていました。

兄の職業についての詳細は不明ですが、父親と同じくギターが得意なようですね。

やはり、音楽関係のお仕事をされているのでしょうか?

ヨアソビ ikuraの姉は有名音楽大学出身?

ikuraの姉についても調査していきたいと思いますが、上の姉については情報が全くありませんでした。

4歳年上の次女について調べていると、「幾田 さくら」という名前が判明しました。

ちなみに ikuraさんの名前は「幾田 りら」と言います。

さくらさんは、名門である桐朋学園大学出身です。

桐朋学園大学といえば、有名音楽家を多数輩出している事で有名です。ピアノ、弦楽器、管楽器、ハープ、声楽とさまざまな分野に力を入れています。

桐朋学園大学の広告にも、さくらさんの名前を発見することが出来ました。

それが、こちらになります。

さくらさんはトランペットを担当されていたようで、大学が主催する演奏会に参加している事から、かなりの腕前だと思われます。

さくらさんは、ikuraさんと同じ劇団に所属していた事もあり、小さい頃にニューヨークワシントンで公演した経験をお持ちのようです。

この会話は姉のどちらかは特定できませんが、何やら姉妹で楽しまれているのがほんわかしますよね。

まとめ

今回は、ヨアソビ ikuraの実家がお金持ち?両親や兄・姉の経歴についてお伝えしてきました。

父親と兄はギターが得意で、4歳上の姉は名門音楽大学を卒業されていました。

まさに音楽一家といってもいいでしょうね。

気になるのは、母親と長女に関してですが情報がなかったので分かり次第追記していきます。

2020年の紅白歌合戦はぜひ、ヨアソビに注目してみてはいかがでしょうか?

ファンになる可能性もありますよね。

それでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました