福原愛の旦那の仕事や年収は?実家は金持ちで姉が可愛い?【画像】

卓球元日本代表として活躍していた福原愛さん。

2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんと結婚し、二児の母親となっています。

今回は、福原愛さんの旦那の仕事や年収についてお伝えしていきます。

旦那の実家はお金持ちとの噂がありますが、果たして本当なのでしょうか?もいるようですが、可愛いと話題になっているので画像もチェックしていきましょう。

それでは、ご覧ください!

どうぞ!

福原愛の旦那の仕事は?

福原愛さんの旦那は卓球選手として活躍されていました。

卓球以外でもお仕事をされていたようで、なんと銀行員として勤めていたそうです。

銀行員と聞くと日本ではエリートの印象が強く、お堅い職業ですね。

旦那が勤めていた銀行の名前は「合作金庫銀行」と言います。

2006年に中国の銀行と合併しており、現地の台湾では大手の銀行として知られています。

元西武ライオンズの郭 泰源(かくたいげん)投手や、元南海ホークスの選手も在籍していたようです。

福原愛の旦那の年収は?

福原愛さんの旦那が勤めていた「合作金庫銀行」は、台湾では大手の銀行のようですが給料が気になりますよね?

年収はいくらあるのでしょうか?

「合作金庫銀行」の年収についての情報はありませんでしたが、台湾のサラリーマンの平均年収は日本円にして約150万円前後と言われています。

旦那の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんの年収は、推定600万円と言われているので台湾のサラリーマンの平均年収のおよそ4倍になります。

銀行からの給料と卓球選手としての賞金や、スポンサー料が含まれているみたいですね。

福原愛の旦那の実家はお金持ち?

旦那の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんは、福原愛さんに3,000万円の婚約指輪をプレゼントしたと話題になっていました。

婚約指輪のデザイン画になります。


引用元:BLOVES

「BLOVES」というブランドで3.22カラットダイヤモンドになります。

旦那の年収から考えますと、なかなかすんなりとは買えない金額ですよね。

福原愛さんが結婚式で着用していたウエディングドレスも、300万円ほどすると言われています。

やはり実家がお金持ちではない限り、このような高額な品物は買えないような感じがします。

福原愛の旦那の姉が可愛い?【画像】

旦那の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんにはがいるようですが、可愛いと話題になっています。

名前は江恆亘(ジャン・リガ)さんです。

年齢は40歳前半で、国立台湾体育学院バレエ学部から台湾芸術大学振付学部に行きその後は、ロンドン芸術大学パフォーマンスアート学部へ進んでおり、エリートダンサーのようですね。

顔画像はこちらになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@liga0601)がシェアした投稿

確かに可愛いですよね。

江恆亘(ジャン・リガ)さんは「謎の美魔女」として39歳で芸能界デビューをしているそうです。

性格はキツく、周囲からはモンスター扱いされているようですね。

福原愛さんの結婚式の写真などもSNSに投稿していたりと、夫婦のプライベートを勝手に公開しているみたいです。

参考記事:文春オンライン

まとめ

今回は、福原愛さんの旦那の仕事や年収実家は金持ちで姉が可愛い?【画像】についてお伝えしてきました。

旦那の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんは銀行員をしているので、エリートのようですね。

婚約指輪は3.000万円ほどと言われているので、やはり実家はお金持ちなのでしょうか?

一般的な家庭だと、なかなか購入出来ませんよね。

姉については顔は可愛くて芸能界デビューもしていましたが、性格に少し問題があるみたいです。

福原愛さんとの今後の関係性はどうなっていくのでしょうか。

それでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事!

石川佳純の妹の就職先や名前は?かわいい画像もチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました